小陰唇縮小手術を受ける|術後のイメージを固めておきましょう

女の人

手術完了までの流れ

女の人

自分の体にコンプレックスを抱えている女性はたくさんいます。その中でもデリケートゾーンに関する悩みは人にも相談できないため、いつまでも問題解決ができずに長い間悩んでしまうのです。デリケートゾーンの悩みには臭いや痒みなど様々なものがありますが、最近特に多い悩みが小陰唇の拡大です。思春期や妊娠などを境に大きくなる場合があり、治すためには手術を行なうしかありません。基本的に婦人科形成で小陰唇縮小手術が行なわれています。初めて受診する人は流れが分からず戸惑うはずですが、一度相談に行くと思った以上にスムーズに治療が進みます。

小陰唇縮小手術は術後のデザインを考えることから始まります。カウンセリングなどで医師と相談しながら小陰唇の仕上がりをイメージしていくのです。大まかなデザインが決まったら、いよいよ手術を行っていきます。基本的に小陰唇縮小手術では局所麻酔が使われます。麻酔薬を入れるために小さな痛みはありますが、余裕を持って広い範囲に麻酔をうっていくので術中に痛みを感じることはありません。しかし局所麻酔だと怖いと感じる人もいるはずです。その場合は静脈麻酔を選択すると良いでしょう。麻酔を打った後は切除作業に入っていきます。デザイン通りにいらない部分を切除していくので、安心して医師に身を任せましょう。いらない部分を切除した後は縫合を行ないます。縫合に使われる糸は体に吸収されていくので後日抜糸をする必要が無いのです。その後、手術部位に軟膏とカーゼをあてて手術は完了です。縮小手術は約三十分で終わるので体に掛かる負担も少ないのです。

引き締め効果のある筋トレ

背伸びする女性

出産や加齢によって膣のゆるみが起こる場合があります。周りの筋肉に負担がかかったり筋力が低下することで引き起こされるので、毎日筋トレをするようにしましょう。専用の道具を使うとより効果的です。

More…

痛みの少ない手術方法

青空と女性

大阪で小陰唇の拡大に悩んでいる女性はたくさんいます。今は、整形外科で切開やレーザーを使った縮小手術を受ければ簡単に改善できるようになっています。痛みもないので安心して治療を受けられるはずです。

More…

自分に自信を取り戻す

微笑む女性

処女膜再生手術を受けると自分に自信が持てたり、精神的に若返るなどの効果があります。基本的には縫合手術によって再生させることができますが一週間ほど入浴ができないので、受ける時期は慎重に選びましょう。

More…